まだまだ新米のスタッフたっちゃんの日記

3月の入社から早くも3か月が経ちました。

まだ3か月しか経っていないのかと思う程に、充実した日々を送っております。

 

当たり前の話ではありますが、一日一日覚えなくてはいけないことが本当にたくさんあります。

鴨川会長が、「日々を漫然と過ごすな」とおっしゃっていたのがよく分かります。

毎日が発見と反省と少々の達成感を感じております。

 

新しい場所に飛び込んでいくと、最初は特にやる気にも溢れているだろうし、

周りの方々も優しく接してくれるので、楽しく頑張れるものだと思います。

が、世の中そんなに甘いもんではなく、仕事が遅い、容量が悪い、気が利かないなど繰り返していると、

周りの人たちもいつまでも同じ顔はしていないもんです。

しかし親方の言葉に、いつもそういう人生の落とし穴に落ちないように、

厳しく、優しく、時には回りくどく(いい意味で)教えていただいております。

 

鴨川会長はこうも言いました。

努力した者がすべて報われるとは限らないが、成功した者は皆努力していると。

どうあれ努力し続ける。これは鴨川会長から頂いた僕の座右の銘でありますが、

ここの職場は特に、親方を筆頭に皆さん仕事の鬼であります。

いやもしかしたら俺はまだ本気出してない状態で、フリーザよろしくまだ変身を隠しているのかもしれません。

 

人生において常にそうなのでしょうが、努力をし続けること、

それは常に考え続けるべきことなのでしょう。それを痛感しています。

 

親方が常にセンサーをオンにしておけと言われておりました。

これは、日常にあるもの、いつもの風景にある美しさ、年月をかけて変わっていくものの素朴な良さ。

そういったものを常に拾っていく感性を磨いて行け、と良い言葉を頂きました。

そう、親方とは鴨川会長だったのだ。

 

入社して3か月が経ち、もう3か月も経ったのかと思い、

少しでも早く一人前になれるよう、精進していきたいと思います。

これからもよろしくお願いします、会長。