私たちの風景



事務所とその周辺の風景。

とにかく田舎に住みたいと思い、この場所に引っ越してきました。

古い家を買い、そこをリノベーションして自宅と事務所を作りました。

 

田舎に住んだ理由は田植えをして、かつて日本人が感じた四季を自らで体験してみたかったからなのですが、

忙しくて、田植えをしている時間が作れません。

今は、ご近所さんに田植えをお願いしている始末です。

 

 そんなわけで、お庭も坪庭程度のモノを作っただけで、敷地が広いので

困っております。いつになったら、お庭ができるのでしょうか?

 

 

わたしたちの風景

庭師 松下のメンバー


[親方]

松下 裕崇

 

 僕が尊敬するバカボンのパパが庭師だという事実を高校生の時に知り、衝撃を受け、大学卒業後1年のプータローを経て、この道に入りました。

 

 あこがれのバカボンのパパと1歳しか変わらない年齢になり、僕はもっと仕事ができて、なんでも知ってて、もっといい感じのおっさんになっていると思っていましたが、まだまだ、バカボンのパパの足元にも及びません。

 

 

 

[stylist]

松下 純子

 

 楽しいこと、おいしいものが大好きな主婦向きじゃない私、

純子。

3人の子供たちとハードワーカーのパパとドタバタと暮らしながら美容師もしながら畑もしながら、好きなショッピングに服作りをして、ワインもたしなんで、髪の毛は緑、ピンク、黄色とめまぐるしく変化する私、純子。

もっともっと地に足をつけてゆっくり、きちんと暮らしたい願望が日々強くなる今日この頃です。

大嫌いだったけど今は一番猫が好きな私、純子。

[美術部長 各部部員]

相原 萌

 

 

coming soon........... 

[庶務課の部長 各部部員]

水口 陽子

 

趣味は寝ること。

ビールが何よりも好き。

働くことは本当は嫌い。

料理は家族のために作るのが好き。

純子の妹。

今は欲しいものがない。

というわけではく、欲しい願望を抑えるため極力無心の境地で生活しているが

ホントは欲しいものがいっぱいの物欲人間。

が、それは考えないようにしている今日この頃。

我慢している私は偉い、と言い聞かせている。

[見習い庭師ギタリスト]

達家 大樹

中学時代、局所的に流行ったギター熱をこじらせ、現在に至る18年間を音楽に費やしてきましたが、この度親方に拾い上げて頂きました庭師見習い1年生です。

3年ほど前から薄毛が気になってきました。

 

死ぬまで音楽は続けますが、お庭づくりでも人々を感動させれるような庭師ギタリストもといギタリスト庭師を目指します。

親方仕事の取組みについての「腹を据えて上昇志向」という言葉とフィンペシア(毛生え薬)を支えに頑張ります。